白内障

白内障について

白内障について
白内障とは、目の「水晶体」と呼ばれるレンズが濁る病気で、大きく分けると「先天性白内障」と「老人性白内障」があります。
白内障は「老化現象」の1つで、50歳で50%程度、70歳で80%程度、80歳以上ではほとんどの人がかかる病気です。
若い方でもアトピーの持病がある場合は、白内障が進行することもあります。

白内障の原因

白内障の原因にはさまざまなものがあります。加齢や遺伝、喫煙、ステロイド内服、アトピーなどの持病です。
原因として多いのは加齢や遺伝ですが、糖尿病や放射線などの影響により発病することもあります。

白内障の症状・見え方​

白内障には下記のような症状・見え方があります。

  • 明るい場所ではものが見にくい
  • 目がかすむ
  • 急に視力が低下した
  • 目が疲れやすい

緑内障の治療方法

白内障の治療方法は手術と点眼治療です。点眼薬によって白内障の進行を遅らせることができます。日常生活に支障が出ているなど、白内障が進行した場合は、点眼薬は効果がありませんので、手術を行います。
点眼薬による治療は予防と抑制を目的としており、進行した場合には手術するしか方法がありません。

治療を先延ばしにするリスク

白内障は進行すればするほど、手術の難易度が高くなります。手術時間も長くなり、合併症のリスクも高くなります。また、閉塞隅角緑内障を引き起こすリスクにつながる場合もあります。
白内障の早期発見・早期治療のためにも、定期的に眼科を受診しましょう。

手術が必要になった場合

当院では、点眼薬による白内障の進行を遅らせる治療を行っていますが、白内障の手術は行っておりません。手術が必要になった場合は、術後の通院にも配慮し、適切な医療機関をご紹介させていただきます。
患者さまのお話をしっかりと伺い、視力の低下だけでなく、どれだけ日常生活に白内障が影響を与えているのか判断した上でご紹介させていただきます。また、視力がまだ低下していない状態でも、白内障の進行度が早い場合は、手術をおすすめしています。
白内障が進行している場合は、術後の合併症にも対応できる大きな医療機関をご紹介させていただきます。

ご予約・お問い合わせはお気軽に

名古屋市中区地域にお住いの方で目のことでお困りでしたらご相談ください
地下鉄「栄駅」13番出口から徒歩3分の久屋中日ビル2Fにあります

pagetop