〒460-0008 名古屋市中区栄4-1-1 中日ビル4F

愛知県名古屋市中区栄、中日ビル4Fの「寺田眼科」。ドライアイ、眼瞼けいれんの治療が評判。地下鉄「栄駅」より徒歩4分。

設備紹介

問診票ダウンロード

TOPCON 3D OCT-2000

網膜の断面を観察することが出来ます。黄斑変性症などの網膜疾患の検査や診断に有用です。また網膜の厚みを測定することが可能で、この機能を利用して緑内障の変化を観察することも可能になりました。また、前眼部(隅角)をCTの様に断面で観察することも可能で、緑内障の原因を調べるのにも有用です。その他、造影剤を注射して網膜の血流を調べる蛍光眼底造影の検査も出来ます。

FT-1000

一般的な近視、遠視、乱視を測定する(レフケラトメーター)機能だけでなく、角膜のより正確な形状を測定することが可能で、眼鏡で矯正出来ないような乱視が無いか検査することが出来ます。(トポグラフィー)また、トポグラフィーの機能を応用して角膜の表面にある涙の乾燥するスピードを測定することも出来ます。(TSAS)

院内紹介

ページTOPへ戻る